営業日カレンダー
:店休日 :本日
2019 . 9
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2019 . 10
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フィグ/いちじく(100g)


¥ 783 税込

加算ポイント:8pt

商品コード:

数量

紀元前3,000年には栽培されていたと云われ、古代より平和と繁栄の象徴とされてきたイチジク。古代名でイチジクの意味を持ち、エーゲ海に臨むイズミルにはイチジクの樹が生い茂り、バザールにも新鮮なイチジクがたくさん並びます。大粒の果実に凝縮された甘さと食感がたまりません。

7,500円以上の購入で
配送料無料

一部地域は除く
送料 都道府県 常温便 クール・冷凍便
北海道 北海道 731円 1,836円
北東北 青森・秋田・岩手 623円 1,512円
南東北 宮城・山形・福島 623円  1,404円
関東 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・東京・山梨 602円 1,404円
信越 新潟・長野 623円 1,404円
北陸 富山・石川・福井 623円 1,404円
中部 静岡・愛知・三重・岐阜 623円 1,512円
関西 大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫 623円 1,620円
中国 岡山・広島・山口・鳥取・島根 623円 1,728円
四国 香川・徳島・愛媛・高知 623円 1,836円
北九州 福岡・佐賀・長崎・大分 731円 1,836円
南九州 熊本・宮崎・鹿児島 678円 1,836円
沖縄
離島
沖縄・八丈島・大島・壱岐・対馬・その他離島 別途料金適用 2,205円

離島の場合:「沖縄・離島」地域が対象となります。

ラッピングを無料で承っております。別の商品や同じでも組み合わせ可能です。

1個〜5袋までも好きなものをお選びいただけます。FAR EAST オリジナルラッピング袋にリボンラベルをお付けいたします。リボンラベルの種類につきましては、定番のものと季節限定のものがございます。季節限定のものは時期により色やデザインを変更しており、ご用意が無い時もございます。熨斗はお付けできませんので、ご了承ください。

※4点以上ご購入の場合でお届けがご自宅の場合はラッピングをセルフでお願いしております。その場合はラッピングセットをお送りさせて頂きます。

  • 1個用

    オプションの[ラッピング]にチェックをつけて下さい。

  • ギフトボックス

    お好きな商品をBoxでご用意いたします。熨斗のご用意も承っております。

▶ギフト商品一覧を見る

▶ギフトラッピングの詳細を見る

●産地:トルコ産

●認証:EU Organic Farming認証


●内容量:100g

●原材料名:フィグ(イチジク)

●特定原材料7品目:無し

●栄養成分/100gあたりの標準値(この標準値は目安です。)

  • エネルギー:319kcal
  • タンパク質:3.94g
  • 脂質:2,42g
  • 炭水化物:72.73g
  • 食塩相当量:0.1g

●賞味期限:約180日

●保存方法:高温多湿を避け冷暗所にて密封保管

●その他:無し

エーゲ海に沿う港街イズミール。その美しさは『エーゲ海の真珠』と称されます。何世紀もの間トルコと西洋諸国の貿易における要地でした。イズミールは良質なイチジクの一大産地。イチジクの中でもとりわけ大粒のスミルナ種の語源(スミルナ=ギリシャ語でイズミールの意)でもあります。イチジクの収穫期は8月。枝葉が重ならず陽光が受けられるように木々の間隔を十分に開けて栽培します。

中世のような街並みを抜け、辿り着くのはイチジクの産地イサファクラシュ村。イチジクの収穫期は8月。

温かく出迎えてくれるイチジク農家の一家

イチジクは6000年前にアラビア半島南部で誕生しました。人類最古の栽培植物とされ、古代エジプトの壁画や旧約聖書にも数多く登場します。コーランの中で預言者モハメッドは『イチジク、オリーブ、ナツメヤシの木が立つところに居なさい』と説き、古代オリエントでは知恵、他産、繁栄の象徴とされる果実でした。禁断の果実を食べたアダムとイヴが知恵を身に着け、裸を恥じて裸体を隠す際に使ったのはイチジクの葉。もともと禁断の果実自体も、ルネサンス以前は林檎ではなくイチジクであったそうです。『無花果』の漢字の通り、外に花が咲くのではなく果実部分が花に相当します。

腐った実も次の生命を繋ぐ

イズミールのイチジクは燦々と降り注ぐ陽の下で育てます。農薬や化学肥料は勿論、水遣りさえせずとも大きく実ります。腐ったイチジクも無駄にはしません。そのまま実を吊るし、虫を寄せ、種を運ばせ、自然に繁殖させます。