ワイン

【ジョージア/Georgia】

古代よりシルクロードの中継地として栄えたコーカサス地方に位置するジョージアは、葡萄とワインの発祥の地。8000年前からワイン造りが行われていたと謂われています。 この土地では500種に及ぶ特有の葡萄が育ち、現在でも世界最古の醸造法でワインが造られます。

クヴェヴリ 製法

陶器の大甕〈クヴェヴリ〉に潰した葡萄を種や果皮ごと入れ地中に埋めることで、ワインは様々な成分を吸収し豊かな風味をもたらします。 この独自製法により、白ワインでありながら美しい琥珀色を帯びることが「オレンジワイン」と呼ばれる所以です。

ワイン2